うさぎの飼い方は簡単だから初心者でも飼いやすい?費用は幾ら?

うさぎは鳴き声が小さく、排泄物の臭いが少ないのが特徴です。

また、犬等と異なり散歩の必要がないので負担が小さく、目が届く範囲で飼育することができるので、飼い方に不慣れな初心者でも、比較的簡単に飼育することができます。

ペットショップを覗けばうさぎの費用が安いのは一目瞭然です。犬や猫には初期費用、その他必要な道具のために10万円以上するケースも珍しくありませんが、うさぎは雑種であれば5000円程で購入できます。

純血種でも約3万円から購入可能です。

うさぎの飼い方は他の動物より簡単?

動物のイラスト

鳴き声が小さく、においが少ないことからペットとして注目を集めているのが、うさぎです。うさぎの飼い方は、他の動物と比べて飼いやすいといえるのでしょうか。ペットとして飼いやすい部分と、難しい部分どちらも存在します。

飼う前にはしっかりとうさぎの習性や特徴を理解し、万全の態勢でお迎えできるようにしましょう。うさぎは見た目が愛らしく、犬や猫と同じように人になつく習性を持っているタイプのものもいます。

ネザーランド・ドワーフやパンダウサギ、ロップイヤーなどの種類は、人なつこく比較的飼い方が楽と言われています。しかし飼い方を考えるにあたって、注意しなければならない点もあります。

うさぎは抜け毛が多く、毛の生え変わりも頻繁に行われる動物です。飼う際にはブラッシングなどを丁寧に行う必要があります。また、他の動物と比べて病気にかかりやすく、体力が少ないという特徴があります。

あらかじめうさぎを診察してくれる動物病院を探しておき、いざというときにはいつでも医師に診せることができるようにしておくことが大切です。

トイレのしつけが出来ないという点もありますので、いつでも飼い主が部屋をきれいにしておく必要があります。小まめな手間を惜しまなければ、良いペットとなるでしょう。

うさぎは初心者でも飼いやすい?

うさぎは経済面からも世話をする事からも、また犬などのように鳴いたり吠えたりなどもしないことから飼いやすいと言われています。飼育するためのスペースとしては、室内にうさぎを入れるゲージを置く場所があればそれで大丈夫です。

飼い方は初心者でもいくつかの注意点を考えることで多少狭いところでも、一人暮らしをしている人にもおすすめのペットになります。

餌は草食動物になるので牧草とうさぎ専用のペレットになり、ほかには野菜や果物を食べるときに歯に負担がかからないように薄くスライスして与えるのも大丈夫です。

室内で飼うようになるのですがその室内環境の中の室温は、うさぎが心地よく過ごすことができるのは16℃?22℃辺りが適正となり健康な状態であれば10℃?24℃位で育てることができます。

しつけも正しく躾けることで、トイレを覚えたり無駄に噛むことがないようにできるのです。うさぎはとても人懐っこい性格をしているのが多いので、飼い主にはとても懐くことから特に一人暮らしをしている人にはぴったりなペットになります。

動物を飼っているとその臭いが気になるという場合もありますが、うさぎは匂いはなく無臭なのです。散歩も必要がなく鳴き声もないので、飼い方は誰にでも難しいことはありません。

うさぎを飼うと掛かる費用は?

うさぎの飼い方で覚えておきたいのは、必要な費用です。さまざまな費用が発生するので、買う前にチェックしておきましょう。うさぎの生体は、ミックスと純血種で大きな違いがあります。

ミックスなら5,000円から10,000円程度ですが、純血種なら30,000円から高いと10万円以上です。基本的に大人になるほど安く、大人のミックスなら3,000円から購入できる場合もあります。

初めて買うなら、初期費用としてケージなどのグッズも必要です。最低限のグッズを一式揃えるためには、20,000円から30,000円ほど必要になります。

うさぎを飼ううえで毎月必要となるのは、食べ物などの消耗品です。牧草は1袋で700円、ペレットは1袋1,700円ほどが相場となっており、300円程度のおやつも必要になります。

消耗品は食べ物だけではなく、1,000円ほどのペットシートやトイレ砂も用意しなければいけません。これらの消耗品を全て合わせると、1ヶ月に5,000円ほどの費用がかかるとされています。

さらに保険料として毎月1,500円から3,000円、病気や怪我をした場合は治療費が必要です。治療費は病気や怪我の程度、保険の有無によって変わりますが、手術が必要な場合は10万円以上になることもあります。

うさぎを飼うメリット・デメリットは?

うさぎを飼うメリットは、他のペットと比べて鳴きわめくことがないので、マンションであっても他の部屋の人に迷惑をかけることがない点があります。

他にも、うさぎは犬や猫と違って臭いが少ないので、臭いによるストレスも少ないメリットがあるのです。

他にも、温厚な品種であれば初心者でも飼いやすく、猫や犬とは違って飼い主に対して反抗的な態度を取ったり、ケージの中に入れておけば目立ったいたずらをしないことが多いです。

デメリットとしては、前歯が延びていくので適切に手入れをしなければ住宅の柱や畳などを齧ることがあります。うさぎは毛を飲み込んでしまうと吐き出すことが出来ないので、毛の長い品種であれば毎日の手入れは不可欠です。

パソコンなどの電気コードをかじって感電してしまうこともあるので、飼い方には十分注意しなければならないのです。他にも、音に敏感なので道路や鉄道が近くの場合はうさぎがストレスを感じてしまうことがあります。

夏場のエアコンについても同様で、きちんと室温の管理を徹底しておかなければ具合を悪くしてしまうこともあるのです。それらに配慮した生活をしなければならないので、飼い主にとっては負担に感じてしまうことがあるでしょう。