うさぎは寂しいと死んじゃうって本当?うさぎは寂しがり屋?

「うさぎは寂しいと死んじゃう」、これは1993年の大ヒットドラマ「ひとつ屋根の下」で使われた台詞です。

この台詞とともにうさぎイコール寂しがり屋という認識が広まって定着しましたが、実はこれといった根拠がないので嘘と言えます。

もちろん1993年以前からひそかに寂しがり屋という認識はありましたが、それは飼い主が出かけている間に突然死をしているケースが後を絶たなかったからです。

その由来は病気を患っていても平静を装ううさぎの習性にあり、これにより寂しがり屋だと誤解されてきました。

うさぎは寂しいと死ぬって本当?

うさぎの置物と卵

うさぎは寂しいと死んじゃうという話をよく耳にします。動物が人間と同じように寂しさを感じるか否かというのも疑問の余地がありますが、さらにそれが原因で死んでしまうとなるとなおさら不可解です。

結論から言うと、寂しいと死んでしまうというのは嘘です。科学的根拠もありません。では、なぜそのような噂が真しやかに広まったかというと、それはうさぎは突然死することが多いからです。

特に飼い主が外出している間に突然死する事例が多いことから、このような噂が少しずつ定着しました。

厳しい自然の中で生き抜くために、うさぎは自分が弱っていてもその素振りを見せないようにする習性があり、飼い主もなかなか病気などによる異変に気づけません。

結果、ちょっと目を離した隙に死んでしまうことが多くなります。また、うさぎは腸を活発に動かして体調を整えるのですが、何らかの事情で食事をとらなかった場合、活動を停止した腸内に細菌が繁殖し、それが死に至ることがあります。

小まめにかまってやらずに飼育していると、餌を食べていることにすぐには気づかず、その結果、細菌で死んでしまう場合もあります。こういうところからも、うさぎは寂しいと死んじゃうという噂が広く知られるようになりました。

うさぎは寂しいと死ぬと言われる由来は?

うさぎは「寂しいと死ぬ」とよく言われます。家に留守番させることなどできないから、一人暮らしの人が飼うのは向いていないということも言います。それは本当なのかというと、事実ではありません。

ならば、なぜそのようなことを言われるのか、由来を突き止めてみると納得できる理由があります。うさぎは、それは90年代にヒットしたドラマのセリフに「うさぎは寂しいと死んじゃう」というセリフがあったからです。

完全なフィクションでありますが、ドラマを真剣に見ていた人たちは本当のことだと信じ込んでしまい、それが世間に広まってしまいました。

もうひとつ、その嘘が信じ込まれたのは、うさぎは長い時間餌を与えられないと、腸の動きが弱まり命の危険が出てくることが関係しているとも考えられています。

一人暮らしの人が仕事で残業になったときなど、半日以上家を空けることがありますが、それで絶食状態になれば死んでしまう危険性も出てきます。

餌をやらないということは、人がそばについてやらないということなので、ドラマの影響で生まれたイメージで寂しいから死んでしまうという結論に至っても不思議ではありません。

このように寂しいと死ぬということが嘘だとしても、こまめに世話をしてやらないと、うさぎの健康が損なわれるということは確かです。

うさぎの性格は寂しがり屋?

うさぎは寂しいと死んじゃうというイメージが強く、実際にそう見えるケースもあります。本当にそうかといえば、決して寂しいと死んじゃうわけではなく、環境の変化に弱いことが原因となります。

うさぎは元々捕食される側の動物で、環境が変化すると絶食状態になってしまい、結果として死に至ることがあるわけです。

草食動物のうさぎは、常時胃腸を動かし続ける必要がある為、ストレスなどで絶食状態になると胃腸の動きが弱まり、食事が取れずに亡くなってしまいます。この時間の目安は12時間とされているので、時間内にストレスを緩和したり、食事を忘れずに与えることが大切です。

寂しいと死んじゃうように思えるのは、実は、こういったうさぎ特有の理由があって、そのように見えているだけということです。それでも、寂しいと死んじゃう可能性がないとはいえなくないので、適度にかまったり遊んであげることも必要です。

確かに、うさぎは小さくてか弱い印象がありますから、放っておかないように要注意です。また、うさぎは病気にも弱い動物なので、定期的に健康状態をチェックして、異常がないか確認することもまた必要でしょう。

つまり、かまってあげることがうさぎの健康に繋がり、寂しいと死んじゃうように見える事態が避けられます。

うさぎは嫉妬深い動物?

うさぎは寂しいと死んじゃうなどと言われますが、実際にはそんなことはありません。寂しさから死ぬのが本当なら安心してお留守番もさせられず、多頭飼いを検討する人もいるほどです。

このように言われるようになった理由は色々考えられますが、その中の一つに飼い主が出かけている間に突然死んでしまうことがあるのが関係しています。元々野生で自然界の中で生きなければならないため、病気をしても表面的に表しません。

そのため、飼い主が病気に気付かずに突然死してしまうことがあるのです。他にもうさぎは嫉妬深いとも言われていますが、飼い主に対して愛情を持って接してくれるうさぎにはあり得ることです。

飼い主をパートナーのように思っているうさぎは、他のうさぎや動物に対してかなりの嫉妬をすることがあります。

他の生き物を新たに飼うために迎え入れる時、そちらの方にばかり気がいってしまって元々いるうさぎのお世話が疎かになってしまうことがありますが、そうすると分かりやすい嫉妬の行動に出ますので、なるべく構ってあげる時間を作ることが大切です。

また、テリトリーを侵されることも嫌うので、嫉妬だと思っていたらテリトリーを譲りたくない時の行動だったということもあります。