ウサギは種類で特徴が全然違う?初心者におすすめの種類とは?

どんな動物でもそうですが、ウサギも種類によって特徴が全く違います。これから飼おうとしている初心者におすすめの種類を紹介します。

ネザーランドドワーフは、大人になっても1kgほどと最も小さなウサギとして有名で、人懐っこいので初心者にも飼いやすいでしょう。

ロップイヤーは、垂れた長い耳が特徴で知能が高いと言われています。ミニウサギもおすすめで、いわゆる雑種なのですが純血種よりも、比較的丈夫なのが特徴です。初心者には、一番飼いやすいと言えます。

ウサギは種類で特徴が違う?

ウサギのぬいぐるみ

ウサギは種類によって特徴が大きく異なっています。例えば、耳が垂れている品種はlopと呼ばれています。

このタイプのウサギは、温厚で人懐っこいことからウサギの愛好家から非常に人気がある品種ですが、反面耳の病気にかかりやすいというデメリットがあるので毎日の手入れを徹底しておく必要があります。

一方で、毛が長いタイプの種類もあります。これらは初心者向けではありませんが、毎日丁寧に長い毛の手入れをしておけば、主な毛の病気になってしまうことはありません。ウサギの中でも非常の大きな種類も存在します。

FlemishGiantと呼ばれる種類で、体重は通常のウサギの5倍以上の大きさです。犬や猫よりも大きい場合があり、飼いにくくエサも大量に必要などコスト面でも手間がかかってしまいます。

しかし、ブリーダーからの人気は非常に高く、高値で取引されています。ウサギは品種だけでなく、毛の色もいくらか種類があります。

例えば、栗色の毛や白い毛などの単色で構成されたウサギだけでなく、白い毛に黒い斑がついているタイプもあるのです。中には複数の色の毛で構成されたものもあります。人気の種類は白や茶色が多く、見た目の愛らしさから愛好家も多く存在します。

ウサギは種類で性格が違う?

草食動物のウサギは、基本的には臆病な性格です。賢く、好奇心が旺盛で縄張り意識が強いのです。これらの基本的な性格に加えて、種類によって性格の傾向が異なるといわれます。

人懐こくてスキンシップ大好き、とされるウサギの種類がネザーランド・ドワーフです。抱っこなど飼い主に触られるのを嫌がらない、親しみやすい性格です。しかし、気が強い傾向があり、多頭飼いにはあまり向かないともいわれます。

白黒のツートンカラーがかわいいダッチ(パンダウサギ)は、やさしく温和な性格です。おとなしく人懐こいので初めて飼う人に向いているとされる種類です。たれ耳のロップイヤーは、知能が高い賢いウサギです。

好奇心旺盛で遊び好き、狭い場所に閉じ込められることを好みません。そのため長い時間ケージに入れていると、ストレスからものをかじるなどいたずらをすることもあります。

グレーの毛並みが美しいチンチラウサギは賢く、飼い主とコミュニケーションがとりやすいといわれます。きちんとしつければ、トイレも覚えるといわれている種類です。

このように種類によって性格の特徴が違うので、慣れやすさや飼いやすさも違うのです。とはいえ、ウサギにも人間と同じように個性があります。温和な性格といわれる種類でも、活発で気が強いウサギがいる可能性もあるのです。

初心者におすすめのウサギの種類は?

家でペットを飼うといったら最初に犬や猫を考えますが、近年では案外飼いやすいことからウサギに人気が集まっています。まずウサギは鳴き声が小さく、犬などのように吠え声で悩むといった心配がありません。

そのためマンションやアパートなどの集合住宅で飼っても、周囲への迷惑を考える必要がありません。加えて犬のように散歩をさせる必要がなく、排泄物の臭いも少ないのです。

とはいえ、ウサギの種類によっては大型のものもありますから、上記のことが当てはまらないケースも出てきます。

最大種であるフレミッシュジャイアントは中型犬くらいの大きさで、それなりのスペースや食費がかかりますので、ウサギを飼育しなれている人でないとおすすめできません。

従ってウサギを飼い始めたいと考えている初心者の方には、小型で体が丈夫である種類がおすすめです。

体が丈夫という点はペットを飼うことを考えると重要で、いくら可愛らしくても病気がちで寿命も短いとなると飼っているときも暗くなりがちですし、ましてやペットが亡くなったときの喪失感はハンパなくつらいものです。

このことから病気になりにくいといわれる雑種で、小型のウサギが初心者にはピッタリです。小型といってもあまりにも小型であると、ハムスターのようにどこかに行ってしまう可能性がありますから適度な大きさのものがいいでしょう。

ロップイヤーやネザーランドワーフはその意味でおすすめになります。

初心者向けじゃないウサギは居る?

初心者向けではないウサギの種類は、毛の長い品種です。特にウサギは自分の毛を舐めて清潔感をキープしようとするほどきれい好きな性格です。そのため、毛の長い品種はうっかり自分の毛を飲み込んでしまうことがあります。

毛を飲み込んでしまうと、腸の中に毛が溜まってしまい結果的に腸閉塞になってしまう恐れがあるのです。更にウサギは一度口の中に入れたものを吐き出すことが出来ない性質になっています。

毛玉を飲み込んで窒息してしまうリスクもあるのです。一度毛玉を飲み込んでしまうと、吐き出すことが出来ない性質上、毎日の毛の手入れは徹底しなければなりません。

特に長い毛の品種は手入れを怠っていると飲み込みやすくなってしまいます。初心者の方はまずは毛の短い品種を飼うことで慣らしていきましょう。ウサギによっては温厚ではなく活発な品種も存在します。

活発な品種の場合は、部屋中を走り回ってしまい、柱や壁などを齧って穴を空けてしまうなどの被害が発生してしまうので、なるべく温厚な品種を選んだほうが良いでしょう。

成長に合わせてサイズが大きくなりすぎてしまう品種も初心者向けではありません。サイズが大きくなってしまうとスペースの確保が難しくなるからです。