うさぎの小屋のレイアウトはどうしたらいい?自作で小屋も作れる?

うさぎの小屋のレイアウトですが、ベッドと餌を食べるスペースは必須です。

さらに軽く運動が出来るスペース、そして段差やスロープになった坂などがあれば更にベストです。DIYの心得がある方なら、犬小屋同様に充分自作出来ます。

ホームセンターに並ぶ木材や塗料、そして一般的なDIYグッズで自作出来るので、腕に自信がある方は自作した方が経済的ですし、自分好みのレイアウトになるのでオススメです。

デザインや色、うさぎの数に合わせて広さや見た目が決められるのが利点です。

うさぎの小屋のレイアウトはどうすべき?

小屋にいるウサギ

うさぎを飼う場合、小屋のレイアウトはとても大切です。小屋はうさぎが大半の時間を使う場所なので、しっかりと作ってあげたいものです。

小屋のレイアウトで大切なことは人間の都合ではなく、うさぎの気持ちになって考えることでしょう。すなわち、外からの人間にとっての見た目ではなく、うさぎ自身の快適さや安全性を優先した配置が必要です。

必要な場所は排泄と寝床の他、牧草入れとペレットがあります。給水器は外部に設置することになります。排泄は狭い空間の中でもさらに落ち着いた場所が良く、いずれかのコーナーが候補となるでしょう。

どのコーナーかはこちらで決めてよいのですが、うまくいかない場合はすぐに変えることも必要となります。ロフトやハウスを内部の空間につくること考えられますが、安全性が確保できない場合や、使ってくれない場合は無理に設置する必要はありません。

うさぎは案外骨が弱く、簡単なことで骨折してしまいます。そのような事故が起きないように、シンプルなレイアウトとすることが必要です。

床はケージのままだと網なので、つめを引っ掛けてしまいます。プラスチック製の置き床を設置することで、安全に暮らしてもらうことができます。

うさぎの小屋は自作でも簡単に作れる?

うさぎの小屋はわざわざペットショップで購入しなくても、DIYが得意なら自分で簡単に作れます。体のサイズや正確などを考慮して理想的なものを用意できるというメリットがありますし、既製品を使うよりコストも抑えやすいです。

いろいろな作り方がありますが、シンプルなのは木材で枠を作って枠内を金網で覆う方法です。ただし、これだけだと排泄物の処理がしにくくて、足などがすぐに汚れてしまいます。

したがって、床面にはすのこなどを敷いて、掃除をしやすくする工夫をすると良いでしょう。小屋を壁に沿わせて設置するのであれば、壁の方の側面は金網である必要はありません。

木材で覆っても構いませんが、コストがかかりやすいですし厚みの分だけ狭くなりやすいです。したがって、そちら側だけトタンなどで薄くて丈夫な敷居を設けましょう。

また、小屋を庭に設置するなら、うさぎが日光から避難できる場所が必要になります。体より一回りほど大きなサイズの部屋を小屋の隅に用意してあげるのが望ましいです。

屋内で飼うならば、不要になった収納棚をアレンジして小屋にする方法などもあります。また、小屋というよりはワイヤーを主体としたゲージにするのも一つの手です。

屋外にうさぎの小屋を配置するなら何処?

学校などではうさぎを屋外で飼育することが多いです。比較的しっかりとした小屋になっているのが特徴です。十分な場所があるときは屋外での飼育を試してみても良いのですが、その場合注意点がいくつかあります。

まず、ゲージの中で1羽だけでなく何頭も飼う場合、栄養不良が起こる可能性が高くなります。それぞれ均等に餌を与えられれば良いのですが、なかなかそうもいかず、胃腸障害を起こしてしまう危険性もあります。

そしてうさぎ同士でけんかをはじめ、噛んだりかみつかれたり、といったことも起こります。ストレスがたまらないように、目の行き届く場所に小屋を配置するようにします。

そして庭に飼育小屋を置く場合は、すでに植えてある植物に注意が必要です。植物の中には中毒を起こしてしまうものもあるので、できるだけ中毒が起きないような草花の近くに配置すると良いでしょう。

なお、小さいうさぎの場合、からすや猫に襲われてしまうこともあります。きちんとした広めのゲージを用意して倒れないよう補強をするようにしましょう。

うさぎは種類によって異なるものの、好奇心旺盛でありながら、寂しがり屋でもあります。人の声が聞こえる場所に小屋を置くと安心します。

うさぎの小屋は狭すぎても広すぎてもダメ?

うさぎはペットの中でも、特にナイーブな性格をしています。個体差はありますが、基本的にうさぎは神経質で広すぎるスペースを設けられると、返ってストレスを覚えます。

犬小屋などは広々としたスペースがある方が、愛犬は喜びます。一方でうさぎの小屋は適度な狭さが、むしろ大事です。体の大きににもよりますが、走りまれない位の広さがうさぎにとっては落ち着く空間となります。

いわゆる愛犬の小屋をDIYで作る感覚で、広々とした小屋を作るのは避けた方が正解です。一方でゲージのようなコンパクト過ぎる空間もNGです。狭い場所が落ち着くといっても、完全に閉鎖された小屋だとうさぎがストレスを強く感じ取ります。

元々野生のうさぎは身を隠して生活しており、小屋自体を狭くするのが難しい場合は目隠しになる木材を置いたり、小屋の中に小さなうさぎ用の家を作るなどの対策がオススメです。

障害物を適度に置いたり、植物を配置したり工夫を凝らす事で、ストレスを大幅に軽減させられます。広すぎる空間はストレスの源であり、少し臆病で神経質な動物にとってはそれだけで体調不良に至ります。

DIYで自作出来るので、広さと狭さに気を配ればアマチュアでも充分対応できます。