ウサギのトイレのしつけ方とは?ウサギがトイレを覚えない時は?

ウサギはちゃんとしつければトイレを覚えることができます。ただ、しつけ方が悪いと覚えない場合があるので注意が必要です。

ウサギがトイレを覚えない時は、臭いで場所を認識させるようにします。おしっこをしたらすぐにティッシュで拭き取り、その臭いが付いたティッシュを一か所に集めるようにします。

そのとき、ウンチも一緒に集めると効果的です。トイレの場所はゲージの隅の壁側にしてあげることで、外から見えず、落ち着いて排泄することができます。

ウサギのトイレのしつけ方は?

トイレをするうさぎ

ウサギもペットとして飼う動物なので、飼い主はトイレを始めとしたしつけを行う必要があります。犬や猫と同じようにはいきませんが、それでもある程度しつけをして覚えさせることができます。

トイレはケージ内に設置を行い、安全な場所を確保してあげることで、比較的スムーズに覚えます。これはウサギが決まった場所でトイレをすること、そして自分の身が安全だと感じることで、排泄を始める習性があるのが理由です。

一方で気になる噛み癖は、自分の主張を通したい場合に行う行動です。また、嫌なことがあるとウサギは何かを噛み始めるので、それを見極めて避けるのも大切なポイントです。

しつけについては、噛み癖を発揮しても無視すること、あるいは叱って悪いことだと教えるのが理想的です。ただ、無理に抱っこをしたり驚かせてストレスを与えると噛みますから、嫌なことはしないように気をつけるのも重要です。

褒める時は優しく声を掛けて、おやつをあげるのがウサギにとってベストです。良いことをしたら褒める、逆にして欲しくないことをした場合は叱る、このメリハリがウサギのしつけに繋がります。

トイレは割と早く覚えてもらえる簡単なしつけなので、ウサギの飼育初心者に向いているといえます。

ウサギのトイレは何処に設置したらいい?

結論から言うと、何処に設置するかはウサギ次第です。この生き物はトイレの場所を覚えるというより、自分の好きなところをトイレに決め、そこで排泄する習性を持ちます。

したがってウサギがよく排泄している場所に設置すれば、たいていの場合は次からもそこでウンチやオシッコをしてくれるでしょう。逆に、ウサギが飼い主に決められた場所で排泄することは滅多にない、と言えます。

仮に飼い主の決めたトイレで排泄したら、ウサギ自身もその場所が気に入ったということです。もし排泄されたら困る場所(玄関先やキッチンなど)をトイレにされそうだったら、回避する方法が一つあります。

それは、ウンチやオシッコのついたティッシュなどを、別の場所に置いたトイレに擦り付けることです。ウサギは匂いでトイレの場所を覚えます。これを繰り返し行うことで「匂いがする=排泄する場所はここ」ということを理解してくれるはずです。

ちなみにウサギは、場所だけでなくトイレの形が気に入らない場合も別の場所で排泄をするようになるといいます。それだけ神経質でこだわりの強い生き物です。

どんな形が気に入るのかは、与えてみて様子をうかがうしか確かめる方法はありません。場合によっては、ウサギが気に入るまで何度も買い替える必要があります。

ウサギのトイレの臭い対策は?

ウサギはかわいいものの、発情期には臭いを発することが多く、その臭いに悩んでしまうこともあります。この臭いはマーキング行動の一つで、自分のなわばりを確保する意味もあります。

ウサギには肛門付近に臭いが出る腺があるのですが、そこから分泌液を出し糞やおしっこと混ぜ存在をアピールしています。臭いはあちこちに広がるのですが、特に臭うのはトイレ付近であるので、トイレの臭い対策を心掛けるようにします。

ウサギ用消臭砂やペットシーツは、排せつをしてもある程度の臭いを消すことができます。さらにウサギの場合はおしっこが飛び跳ねないようにガードを用意しておくと良いでしょう。

トイレの掃除は人間と同じように行うのが基本で、尿石ができないよう隅々まできれいにするのが臭いを軽減する方法でもあります。除菌と消臭効果を併せ持つものが多いので、そういったものを利用しても良いでしょう。

なお、動物用のものは刺激が少なく、不快な臭いもありません。人間にとって良いにおいでもウサギにとっては不快に感じ、さらに自分の臭いをつける傾向があります。

どんどんマーキングしてしまうので、部屋には刺激や臭いがきつい芳香剤などは置かないようにします。

ウサギがトイレを覚えない時はどうしたらいい?

ウサギは小さく可愛い動物で、ペットとしても人気が高まっています。気軽に飼えるペットといえますが、犬や猫と同様病気になった場合には医療費もかかり、病気によっては高額になる可能性があります。

途中で飼育放棄することのないように、ウサギを生涯に渡り責任をもって飼えるだけの時間的・経済的余裕があるかを予めよく検討してから迎え入れるようにしましょう。

ウサギは犬や猫に比べて運動量も少なく手間のかからないペットといえますが、一つ問題になりやすいのがトイレの粗相です。きちんと覚えさせたつもりでも、しばらくするとあちこちにオシッコやフンをしてしまう場合も少なくありません。

ただし、トイレの場所を覚えていても我慢ができず、途中でフンをしてしまうこともあります。むやみに怒ったりせずに、多少のミスは見逃してあげた方が良いでしょう。

どうしてもウサギがトイレを覚えてくれない場合は、ウサギのオシッコを染み込ませたティッシュやフンをトイレに置いて排泄の場所を教えてあげる方法がおすすめです。

基本的にウサギはオシッコやフンのニオイがする場所をトイレと認識しています。トイレ以外の場所で粗相をしたら、ティッシュにオシッコを染み込ませてトイレにおいて様子をみてみましょう。

また、粗相をしたらウサギに害のない安全な消臭スプレーなどを使って、しっかりとニオイを消しておくことも大切です。