ウサギの鳴き声は種類がいっぱい?危険な鳴き声を聞き分ける方法は?

おとなしく静かなイメージのウサギですが、実は犬や猫のように鳴き声で意思表示をします。ここでは、いくつかの鳴き声の種類と聞き分ける方法を紹介します。

ウサギは声帯が無いので鼻を鳴らすなどをして音を発します。甘える時や機嫌の良い時には、「プゥプゥ」と高い音で鳴きます。

リラックスしている時は、小さく「クゥクゥ」「プゥプゥ」と鳴きます。また、怒っている時は「ブッブッ」と低く鳴き、危険や恐怖を感じたり苦痛を訴える時には、「キーキー」と苦しそうに鳴くこともあります。

きゅうきゅう鳴く時のウサギの気持ちは?

喧嘩するうさぎ

可愛さはもちろんのこと、世話もあまり必要なく鳴き声で近所迷惑になることもないという理由から、近年人気を高めているペットとなっているのがウサギです。

鳴かないイメージがありますが、全く鳴かないというわけではなく、時には鳴き声で意思表示をして気持ちを伝えようとしてくることもあります。

鳴き声の中でも、きゅうきゅうと鳴くときには恐怖や苦痛哀しい気持ちを表現しているので、注意しておかなくてはなりません。

慣れていない人に抱かれたり触れられた時にきゅうきゅうと鳴くこともあれば、怪我をしたり病気にかかっているなど体調不良が原因で鳴いている可能性もあります。

普段とは異なる行動を取っていないのかをしっかりとチェックし、異変に気付いてあげることが大切になってきます。原因がわからず苦しそうな時には、動物病院に連れて行き診察してもらう必要があります。

同じに聞こえても、その時の行動や状況によってウサギの感情には違いがあり、鳴き声にも違う意味が込められているので、しっかり見て判断してあげることが大切です。

特にきゅうきゅうという鳴き声を出す時には、ウサギの感情の変化を読み取るだけではなく、体調は問題ないかを確かめる必要があります。

ぶうぶう鳴く時のウサギの気持ちは?

室内飼いをするペットの中でも、鳴き声がなくおとなしい性格のウサギは、一人暮らしやマンション暮らしの方でも飼いやすい動物として非常に人気があります。

犬や猫に比べて感情表現は少ないですが、飼い主がしっかりお世話をしてあげることで信頼関係を築くことは十分に可能なペットとしても、人気が高くなっている理由の一つです。

基本的に鳴き声を出さない動物なのですが、飼育していく上で鼻を鳴らすように「ブウブウ」や「プウプウ」といった鳴き声を出す場合があります。

これはウサギから飼い主に対しての感情表現の一つであり、ブウブウと鳴き声を出している場合は不満に感じていたり機嫌が悪い時に出す声ともいわれています。

飼い主がスキンシップをしている時にこの声を出している場合は、不満に感じている時なので出来るだけ優しく扱うことが重要になります。

不満に感じているときの動作として、鳴き声の他にはケージお中のお皿やトイレをひっくり返して大きな音を出したり、ケージの柵をガリガリと噛むことで、飼い主に対して機嫌が悪いことをアピールする場合もあります。

自己主張が強いウサギは特に鳴き声や態度で表現するので、何か不調がないか確認することも大切です。

ウサギの鳴き声で危険な鳴き声は?

ウサギには声帯が無いので、鳴き声はありませんが、食道を窄めることによって鳴き声のような音を出すことがあります。このような状況は非常に危険な状態である場合もあるので注意して観察しなければなりません。

例えば、高い鳴き声の場合は、食道に毛が詰まっている可能性もあります。人間のしゃっくりに似た鳴き声であることが多く、普段から毛の手入れを行っていない場合は食道に飲み込んだ毛が詰まっていることがあるのです。

この状況になった場合は直ちに動物病院で診察を受けてもらうことが重要です。ウサギは人間とは違って飲み込んだものを吐き出すことが出来ないので、飲みこんだ毛を取り出さなければいずれ食道が詰まってストレスを感じ、死んでしまうこともあります。

逆に天敵の存在に気がついたときは、鳴き声を出すのではなく、後ろ足を蹴ったりして仲間に警告するような行動を取ります。ウサギは嬉しいときにも鳴き声を出すことがあるので、初心者の方はその違いに注意する必要があります。

鼻息を荒くしている状態は興奮している状態であり、遊びが楽しいと感じているときや欲求不満である場合など様々です。いずれにしても、食道の詰まりが考えられる、高いしゃっくりのような鳴き声に注意しましょう。

ウサギの鳴き声は体調不良を訴えている?

ウサギの鳴き声が聞こえることがありますが、厳密に言えば声帯がないので声は出せません。鼻を鳴らすなどの方法で音を出しており、これを一般的に鳴き声と言っていますが、これは感情や体調などを知るためのサインになります。

例えばプープーというような音が聞こえる場合、喜んでいたりリラックスしている状態なので心配ありません。低く大きなブーッという音を出しているときには怒っていると考えられるので、何に不満を感じているのか注意して対応しましょう。

あまりにも鳴き声が大きいときには威嚇している場合があり、噛まれることもあります。キーッという高い声を出しているときには体調などに何らかの異常が起きている可能性が高いので注意が必要です。

ウサギは我慢強い生き物なので通常は不調などを示すことはありませんが、耐えられない苦痛を感じているときにこのような音を出すことがあります。

病気になっている、足を挟むなどして痛みを感じている、外に散歩に連れて行ったときに他の動物に合うなどして恐怖を感じているなど何が原因になっているのか確認しましょう。

また、鳴き声だけで判断が難しいときにはウサギの行動と合わせて考えます。日頃から鳴き声を聞くようにして、病気などの異常を発見できるようにすると良いです。