うさぎのお風呂の入れ方とは?水の温度やお風呂の注意点は何がある?

うさぎは、毛づくろいをすることでカラダを清潔に保っているとされているので、むやみにお風呂の入れることは、ダメージを与えることにもなります。

むやみに入浴させない方が良いですが、カラダにフンが付いたり、おしっこが掛かってしまったり、どうしても入浴させたい場合には、そのお風呂の入れ方における注意点があります。

先ずお湯の温度は、うさぎの体温より1~2℃高い40℃位を目安にしましょう。また、動物用のシャンプーで全身ではなく汚れた部分を手早く洗うようにします。

耳に水が入らないようにすることにも気を付けたいものです。さらに、入浴後は熱過ぎないドライヤーで水気を残さないようにきちんと乾かすことも大切です。

うさぎのお風呂の入れ方は?

アヒルのおもちゃと泡

うさぎはお風呂に入れてもいいのかわからないという飼い主の方は多いですが、飼育をしていく上でどうしても体が汚れてしまうことも少なくありません。そんな時にはきちんと正しい方法でお風呂に入れれば問題はありません。

お風呂に入れるといっても深い湯船に浮かばせるのではなく、洗面器など浅い容れ物を用意して張るお湯の量もうさぎのおしりが少し隠れる程度を目安にして入れることがポイントになります。

本来うさぎは人間のようにたっぷりのお湯につかって体を温めることや、お湯に浸かることでリラックスすることはないので、体をささっと洗ったらすぐに出してあげることがストレスになりません。

実際に体を洗って上げる際に注意するポイントは、洗面器にお湯は深く張りすぎないようにして40℃くらいの温度にすることや、おしりからゆっくりお湯に入れてあげると、うさぎの顔にお湯がかからないので安心です。

体を洗う際には顔を耳が濡れないように気をつけて、汚れが目立ちやすいおしりを中心に手で丁寧に汚れを落とすようにしましょう。体が仰向けになる体勢になるときは、背中を丸めてあげるとうさぎも楽な姿勢になります。

汚れがきちんと落とせたら、乾いた柔らかいタオルで体全体を包み込んで優しく水分をとり、ある程度の水分がとれたらドライヤーで全体を乾かせば完了です。

うさぎにとって適温な水の温度は?

梅雨や夏の時期は特に湿気もひどく汗をかくからこそ、我々人間はお風呂に入るのを当然としています。ただ、体が小さなうさぎは体温が下がりやすいので、毛が濡れると風邪を引いて最悪死に至ることもあるのです。

自身で舐めてきちんとお手入れしているはずですから、人間の考えでお風呂に入れるのは止めてやりましょう。ただ、糞やおしっこが皮膚についてそれが原因でトラブルを起こしているような場合には獣医から入浴が勧められることもあります。

その際、うさぎの体温である38から40度よりも1度か2度高いくらい、40度くらいを目安にお湯をペット用バスやたらいに準備してください。動物専用のシャンプーで素早く汚れた部分を洗い入浴後はドライヤーでしっかりと乾かしてやることです。

極力、入浴が必要な状況とならないよう飼育環境の衛生状態には気を配っておくようにして、もしも汚れが部分的なものであれば全身を濡らすのではなくドライシャンプーや温タオル・消臭剤でケアしてやってください。

特にお年寄りうさぎはどんな状況であろうとお風呂には入れないことを前提としておきましょう。我々人間が普通に入っているお風呂ですが、うさぎにとってはそれだけ負担となるのです。

うさぎをお風呂に入れる時の注意点はある?

うさぎは、基本的には入浴が必要な動物ではありませんし体温が下がり易いデリケートな動物ですので、何もなければ入浴しなくても構いません。

しかし、フンなどの排泄物がついてしまって臭っていたり汚くなってしまったときには入浴をしたほうが良いこともあります。

うさぎをお風呂に入れる時には、ペット用のたらいや入浴グッズなどをつかってウサギの体温より1度から2度ほど高い40度程度の温度を保って入浴させるのがベストです。

気を付けたいのが手早く洗うことで、耳に水が入らないように注意しましょう。部分的な汚れならドライシャンプーなどをしたほうが良いこともありますし、体温が下がり易いので全身を濡らす必要が無い時には部分的な拭き取りなどで対応します。

お風呂に入れる時には、あがったとで手早く水気をふき取ってドライヤーで完ぺきに水分を飛ばすことです。うさぎは大きな音があまり得意ではありませんので、ドライヤーも静音タイプを使うようにします。

手早く乾かして水気を起こさないことが、うさぎを入浴させるためには必要です。ウサギは汗をかきませんので、基本的に入浴をする必要はありません。汚れないようにしていれば、リスクをもって入浴をする必要もなくなります。

うさぎをお風呂に入れた時に使うシャンプーは人と一緒でも良い?

うさぎをお風呂に入れた時についつい人間用のシャンプーを使ってしまってはいませんか。人間よりも敏感で刺激に弱いうさぎに、人間と同じシャンプーを使ってしまうことは絶対に避けるべきです。

人間用のシャンプーの場合、洗浄力が強すぎるため、小動物の体を洗うには適していません。そこで、動物病院でも取り扱いのある小動物専用のシャンプーを使用することをおすすめします。

うさぎはむやみに入浴をさせることはあまり好ましい状態ではないので、頻繁にお風呂に入れることは避けたほうが良いです。

では、どのような時に入浴をさせるべきかといえば、糞が体についてしまったり、尿が飛び散ってしまったときなどには軽くお風呂に入れると良いでしょう。

うさぎの入浴のポイントは、できるだけ短時間でぬるめのお湯に入れ、動物専用の低刺激のシャンプーを使い、手早くお風呂に入れることです。うさぎは体が小さいことから、体温が下がりやすい小動物です。

そのため、入浴後は体温が下がらないようにしっかりと水気を拭いてあげることです。水分が体毛に残っているだけで体温を下げてしまうため、最悪の場合命にかかわることもあります。手早くさっと汚れた部分のみを洗う程度にすることです。