うさぎのお風呂の頻度はどれくらい?そもそもうさぎにお風呂は必要?

うさぎは自分で毛づくろいをしますので、カラダを清潔に保つことが可能です。

汗腺もなくニオイも気になりませんので、基本的にはお風呂に入れてシャンプーをする必要ないとも言えます。

うさぎの身体にフンが付いてしまったり、排尿のニオイがどうしても気になる時は、お風呂の頻度は少なめにして入れてあげると良いでしょう。

うさぎは体温が下がりやすいので、お風呂の後は風邪を引きやすくなりますので、適切なケアをしてあげることが大切です。

うさぎをお風呂に入れる頻度は?

シャワーヘッド

うさぎをお風呂に入れる頻度はどのくらいが理想なのでしょうか?実はうさぎは毛づくろいをすることで体を清潔にしているので、入浴する必要はありません。

うさぎには汗腺もありませんから、汗をかいたり匂いが気になることもほとんどないと思います。しかし、フンが体にくっついてしまったり、おしっこが体にかかって臭いが気になることもあります。

そういった時にはお風呂に入れてあげるといいかもしれません。皮膚に炎症が起きるなど皮膚トラブルが発生した時には、獣医師から入浴を勧められることも場合によってはあるようです。

汚れてしまったのが一部分だけであれば、全身を入浴させる必要はありません。汚れている部分だけをお湯で洗ってあげるようにしましょう。入浴後は濡れたままにせずに、タオルなどできちんと水気を拭き取る必要があります。

それからドライヤーを使って、しっかりと毛を乾かしてあげるようにします。うさぎをお風呂にいれる頻度は、そう多くなありません。汚れがとても気になる時だけなので、年に多くても数回程度になります。

また、高齢のうさぎは体力があまりありませんから、お風呂に入れるのは控えた方が良さそうです。汚れが気になる場合でも拭き取ってあげるだけにとどめましょう。

うさぎにお風呂は必要ない?

よく世間ではうさぎと水は相性が悪いので、お風呂に入れると死んでしまうとかお風呂の必要は全くないなどといった意見もありますが、半分正しく半分間違いということが言えるでしょう。

体がとても小さいので、うさぎは体温がとても低下しやすいので、水で濡れることによって、体温が奪われて風邪を引いてしまい命などに影響が出てしまうことがあるからです。

それから耳の中に水が入ってしまうと、病気などの原因となってしまうこともあり得ないことではないのです。

ですが、体を清潔に保つためにはお風呂は必要です胸の内うさぎは絶対に水が苦手というわけではなくて入浴している時や、その後にしっかりとケアを行えば問題ありません。

感染などがないので、臭いなどが気になってしまうようなこともありませんので、絶対に毎日入れるなどと言ったことは必要ありません。

なので、温めたタオルなどを使っても部分的にどうしてもきれいにならなかったりするようなことはありますので、そのような時に全身の入浴をすると良いでしょう。

それから体にフンがくっついてしまったりするような時や、おしっこなどが排泄時についてしまったりするような時に臭いなどの原因となってしまいます。

また皮膚トラブルが発生しているような時も、獣医さんがお風呂を勧めるケースがあります。ただ高齢のうさぎの場合は少し危険なので、なるべくお風呂に入れる事は避けるようにしてあげましょう。

うさぎをお風呂に入れた後のケアは何?

うさぎは非常に敏感な動物のため、水を怖がることも少なくありません。そのため、お風呂に入れる際には細心の注意を払って入れることが必要なほか、その後はすぐに丁寧に乾かしてあげることが必要です。

うさぎは刺激に敏感な上、体温調節が苦手な動物なので、体温が極端に下がらないようすぐに対処をすることが必要となるのです。お風呂に入れた後はすぐに大きめのタオルで水を拭き取ることが必要です。

少しでも水気が残っていると体が冷えてしまうため、やさしくしっかりと拭き取って重要になります。その後、ドライヤーを利用して完全に水気を吹き飛ばしてしまうことも大切です。

ただし早く乾かそうとしてドライヤーの風を強くするのは、うさぎに大きな音の刺激を与えてしまうことになるため行ってはいけません。出来る限り弱い風で、少し離して風を当ててあげるようにすることが大切です。

できるだけ刺激を与えないようにしながら、短時間で乾かしてあげることが必要となるのです。うさぎはお風呂に入れない方が良いと言う話を聞くことがありますが、これは誤りです。

うさぎは非常に敏感な動物であるため、汚れているとこれがストレスになってしまい、自分で体をかきむしってしまうこともあるため注意をしなければなりません。定期的に様子を見ながらお風呂に入れて体を洗ってあげることも必要です。

うさぎの赤ちゃんはお風呂に入れちゃダメ?

うさぎの赤ちゃんをお風呂に入れても良いのかという疑問について、基本的には入れるのは避けます。

赤ちゃんでなくてもお風呂に入れない方が良いと言われていますが、その原因であるのが毛が水に濡れることで乾く際に体温が下がってしまい、風邪になって命を落とす危険性があるからです。

体温のケアをすることが難しいためであり、うさぎが水に濡れただけで死んでしまうというわけではありません。そのため、お風呂に入れた後にしっかりと体温を保てるようにケアできるのであれば問題ないです。

ただし、うさぎの赤ちゃんの場合にはまだ体力が低く温度変化に耐えられませんので注意が必要です。最低でもある程度成長する3か月までは、お風呂に入れない方が良いでしょう。

うさぎが汚れてしまい、どうしても気になってしまうのであればお風呂に入れるのではなく、シャンプータオルなどを使って汚れを落とすようにすれば良いです。

インターネット上の動画の中にはうさぎの赤ちゃんをお風呂に入れている様子を撮影したものもありますが、命に危険を及ぼす可能性があるので適切な行為ではありません。

かわいいからと思って真似した結果、取り返しのつかない事態になることもあるのでやらない方が良いでしょう。