ウサギの目が赤い理由は?種類によって赤い目じゃないウサギも居る?

ウサギの目が赤いという理由は、色素を持っていないアルビノであるのが要因となっています。

このアルビノというのは突然変異によって発生し、色素が無いために体毛が真っ白である事が特徴です。このタイプは目の奥が透明であるため、血管が透けて赤く見えるというのが原因です。

このような赤く見えるタイプはカイウサギという種類で、体毛が白くなっている種類に限定されます。ほとんどのウサギは茶色や黒っぽい色の目をしているのです。

ウサギの目が赤い理由とは?

うさぎの置物

多くの人がウサギは目が赤い動物だと思いがちですが、実際は黒っぽい茶色の目をしたウサギがほとんどです。

平安時代に作られた国宝である鳥獣人物戯画や円山応挙筆に体毛が白く赤い目をしているウサギが描かれていて、古くから日本ではカイウサギが身近な存在だったことがわかります。

さらに、明治時代になると愛玩用の動物として大ブームになり、ウサギ番付表が作られ値段が高騰し投機的なトラブルが起きて殺人事件に発展してしまうこともありました。

赤い目をしているのはカイウサギの中の体毛が白いハクショク種やヒマラヤン種のみで、これらは元々アルビノという突然変異で色素が少ない状態で生まれたものを品種改良を重ねて生み出したものです。

その為、目にも色素が少なくなっていて虹彩が透明に近くなっているので細い血管が集まっている網膜が透けて見えるので赤く見えます。目が赤いウサギは病気の初期症状を見逃しやすいので注意が必要です。

結膜炎や角膜炎、ブドウ膜炎などの炎症が起きても普段の赤と見分けがつきづらく、涙や目やにの量が増えていたりまぶたを閉じていることが増えるなどの日常の些細な行動から異常を察知し、点眼薬や投薬で治療しなければなりません。

赤い目じゃないウサギは居る?

ウサギは目が赤くて体毛が白いというイメージを持つ方も多いかも知れませんが、元から赤い目をしているウサギは基本的には品種としては存在していません。

このようなウサギはアルビノといって、メラニン細胞が働かない突然変異のタイプなのです。本来は黒目なのですが色素が無いために血管が透けて見えるので、目が赤いように見えるのです。

体毛が白いというのも色素が無くなっている事による事が原因となっています。日本では以前からこのアルビノのウサギが多く存在しており、アルビノ同士が子供を産む事で繁殖していきました。

このタイプがペットとして飼われていたり、学校で飼育されていたりという事が多かったので、ウサギは目が赤いというイメージが出来上がったとされています。またアルビノと黒色のウサギから生まれた子供は、アルビノにはならない事も特徴です。

この事からウサギは赤い目のタイプ以外の方が多く存在しており、体毛も茶色や灰色など様々な種類がいます。うさぎの種類は全部で64種類となっていますが、赤い目のうさぎは品種としてはいません。

現在でもまだこのタイプのうさぎは多数存在しており、動物園やペットショップなどでも一般的となっています。

オッドアイのウサギは居る?

家に帰っても一人なので、かわいいウサギを飼って癒されたいなどと考えている人も少なくないようです。

ウサギを飼いたいと思ったときには、飼いやすさや大きさなどの点の他に、やはり自分好みの見た目であるかという所が気になる人もいるのではないでしょうか?

そんな外観的な面で人気が高いのが、両目の色がそれぞれ違うオッドアイという存在です。人間や猫にはまれに見られるこのオッドアイですが、ウサギにはこうした特徴を持つ個体は存在するのでしょうか?

ウサギにも両目の色が違う個体は時折存在しますが、ウサギの場合はオッドアイと言わず、バイアイという呼び方をします。

猫のオッドアイは片方が青、逆側は黄色などという色合いが多いですが、ウサギのバイアイはそのような色彩の違いは少ない傾向にあるようです。

ただ、よく見てみると確かに両目の色合いが違っていて、その瞳に神秘性などを感じ、好んで飼育するという人も少なくありません。

ウサギのバイアイは比較的こうした症状になることの多い犬や猫などに比べて実例は多くないですが、一定数このような瞳になる個体は存在します。なので、ペットショップなどでたまたま見かけてその瞳にひかれて購入するという人もいるようです。

ウサギの目が白くなったら病気?

ウサギの目が白くなったら、どなたでもびっくりするかと思います。ウサギにも白内障があり、様々な原因から目の中にある水晶体タンパクが不可逆的に変性して混濁した状態のことで、レンズの部分が変化してしまった状態です。

この濁った状態になると、治ることが無い目の病気です。良く耳にする白内障ですが、放置すると、様々な合併症にかかったり失明するおそれもあります。白内障の原因は色々考えられますが、代表的なものに感染性、遺伝性などが考えられています。

医学部では、はっきりとした原因は不明とされている病気です。治療方法は、基本的には外科手術を行い、レンズの濁った水晶体を取り除いていきます。やむを得ず手術ができないような時は、合併症にかからないために点眼薬や内服薬を利用していきます。

身近な病気である白内障ですが、放置してしまうと取り返しのつかないことにもなります。予防として、点眼薬やサプリメントなどを利用することも出来ますが、今のところ特効薬は開発されていません。

そのためにも、少しでもおかしいと感じる症状があれば、出来るだけ早く獣医に診察をしてもらうようにすることが大切です。早期発見が出来れば適切な治療を行うことが出来、病気を治すことも可能です。