ウサギの目の見え方はどんな見え方?人間と色覚が違うって本当?

可愛らしい二本の長い耳と目が真ん丸なのがチャームポイントのウサギです。長い耳を持っているだけに音には敏感です。

目は顔の両側面にあります。目の付いている位置から視野が広くて両方を使うと360度です。これだけ広い視野を持っていながら視力は人間と比べても良くなく0.05ぐらいだと言われています。

また、見え方は緑が良く見えて赤が見えません。色覚は人間と比べても感度が良くて8倍と言われています。薄暗い中でも周囲をしっかりと見渡す事ができます。

ウサギの視野と視力は?

うさぎの顔

ウサギの視野は、360度近いといわれており周囲から忍び寄る肉食動物に早く気付いて身を守るために備わっています。しかし、口元付近と頭の後ろは死角になりますので見えておらず、緑色と青色は見ることができますが、赤色は見えない動物です。

また、ウサギの視力は、0.1から0.05の近視で近くは見ることができますが遠くのものはぼやけて見えるといわれています。ウサギの目には、立体的に見える部分と平面に見える部分があり、正面の10度くらいが立体に見えてその他は平面に見えます。

この能力によって物との距離感を把握することができますので、肉食動物からの危険を早く察知することが可能です。ウサギは、薄明薄暮性動物に分類されていますので、暗闇でもわずかな光の中でものを見ることができます。

このように、ウサギは、明け方や日暮れに活動する薄明薄暮性動物ですから、視力が良くないにもかかわらず暗闇ではわずかな光の中でもものを見ることができるといわれています。

視野は、死角である口元付近と頭の後ろ以外はほぼ見ることができて、両目で見ることでものを立体的に見ることができますので、ものや肉食動物との距離感を正確に把握することができます。

ウサギの目は光に弱い?

ウサギの目は赤だったり青だったり色んな種類がありますが、瞳の回りにある虹彩に色がなく透明で、血管が透けている品種もいます。そうした虹彩の色に関係なく、多くの種類のウサギの目は光にとても敏感です。

なぜなら多くが夜行性で、自然界で暮らしていたなら活動するのは夜が明ける前や夕方に日が暮れてからです。視力そのものは弱いけど暗闇で物を見ることに優れていて、察知する能力や光に対する感受性が高い機能が備わっています。

人の8倍も光を感じやすくなっているから、昼間の日差しだけでなくカメラのフラッシュのような一瞬の光にもダメージを受けかねません。室内で飼育する人は、ウサギの目に配慮しなければいけません。

間接照明を使うようにして刺激を和らげてあげる工夫をする、あるいはケージにはカバーをつけてあげるなど光を気にせずに安心して休める場所を作ってあげることが大事です。

ペットショップや動物園、ふれあい広場などで間近に触れる機会があるとき、写真撮影をすることもあるでしょう。そんなときには、カメラのフラッシュをオフにすることは忘れてはいけません。

そして強い日差しの下に無理に連れ出さないようにしましょう。ウサギの目は視野が広いので、正面だけを注意するのではなく、横からや後ろからの強い光にも配慮してあげるとよりよいです。

ウサギの色覚は人間と違う?

通常、人間は三色型色覚を持っていて赤と青と緑の色の組み合わせによって、たくさんの色を認識することが出来ます。では、ウサギはどうでしょうか?

ウサギは人間と違い、犬や猫などの哺乳類と同じ二色色覚です。ウサギの目には、二色しか識別できないのです。では何色が見えないかというと赤色が認識できず、青と緑の色のみ、識別できます。

その理由は、ウサギが草食動物だからだと考えられています。これは進化の過程で、あまり重要ではない、色を認識する能力を捨てて、生き残るために最も必要な能力を残すためです。

捕食される側であるウサギは色覚よりも、視野を優先させたと言えるでしょう。周囲の敵にいち早く気づき、生き残るためです。さらに、暗くなった夜にも光を感じる能力に長けているので、より敵から身を守ることができます。

ウサギの特徴でもある長い耳で敵が迫る音を感知する能力が発達しました。このように、進化する中で要らない能力と必要な能力を自然に選びとったのです。

草食動物であるウサギにとっては赤色はあまり重要な色ではなく、草などを見分けるために青や緑が優先されたと考えられます。生きていくために他の器官を発達させたためだと考えられるでしょう。

ウサギの老化現象は目が濁ってくる?

ウサギと暮らしていくと年齢を経ていくにしたがって、時折これまでとは違う仕草を見せたり、身体的にもふと違和感を感じるようなことも出てきます。

大体5歳ぐらいをめどに老化を感じるようになってくると言われていますが、食欲もやはり落ちてきますし、体全体の筋肉や脂肪が減ってくるので衰えた雰囲気を漂わせるようになってきます。

目の周りにも涙も出やすくなって汚れたりすることが増えてくるようになります。日頃から丁寧に様子を見ていくことで気がつける部分もありますので、おかしいなと違いを感じたのであれば放置をせずに、よく動作を見てあげることが大切です。

徐々に目も見えにくくなっていますが、白く濁ってきて白内障になる場合もあります。ふらふらとした足つきになったり、動作がなんとなくゆっくりになってきたようであれば気をつけてあげましょう。

食事量が減ってくると体重が減ってきたりもしますので、元気に過ごせるように室内の環境も整えてあげてみて下さい。

視力が低下しても動けるようなケージのレイアウトを工夫したりするのも良いですし、紫外線も当てすぎないように気をつけて場所の設置をしましょう。どんなときでもウサギが気持ちよく過ごせるように飼い主が頑張って下さい。