ピョントピ!

近年のペットブームで犬や猫に加わりウサギも人気が高まっている動物となりましたね?街中でウサギを散歩をさせている光景やウサギと戯れる事が出来るウサギカフェも次々に増えており、ウサギと人の距離は年々近づきやすくなりました。このサイトでは今人気を高めているウサギの様々な記事を紹介しています。ウサギの性格や種類、考えられる病気の症状やトイレのしつけ方、ウサギを飼っている人やこれから飼おうと思っているウサギ初心者さんに役立つ情報をまとめたサイトとなっています。

万歳するうさぎ

うさぎに名前を覚えさせる方法は?覚えさせるにはどんなコツがある?

うさぎに自分の名前を覚えさせる方法は、うさぎに喜んでもらいながら名前を呼ぶ事に尽きます。ブラッシングやコミュニケーションなどをしながら名前を呼べは段々と覚えていきますが、コツは大きな声で叫んだり別名を使ったりしない事です。前者は恐怖感を与えてしまい覚えてもらう事ができず、後者は別々の名前で呼ばれる事で覚えられない事が理由に挙げられます。名前はしつけの際に有効で、自分に対して怒っているという認識を与える事ができるからです。

うさぎが床を蹴る行動をしたら警戒したり怒っている証拠って本当?

うさぎが床を蹴る行動の理由は主に3つのパターンが挙げられます。1つは天敵が近くにいるため、警戒心が露わになっている場合です。この場合何回も床を蹴り、大きな音を立てますがあまりにも気持ちが高ぶっていると甲高い声で鳴きます。もう1つは次々に抱っこされ、不愉快になっている場合です。抱っこされたくない際はそのまま抱いている人間に対し、後ろ足で押すのが特徴的です。そして最後の1つが純粋に怒っている場合で、この場合は音の大きさで怒りの深さが分かります。

うさぎが飼い主を噛む行動はちゃんと意味があった?一種の愛情表現?

うさぎがケージの外で飼い主に噛む行動をする場合は、遊んで欲しかったり構って欲しかったりするという愛情表現であることが多いとされています。特に甘噛みする場合には、このように飼い主に目を掛けて欲しいという甘えの要求だと考えましょう。但し、出血する位強く噛む時には、本気で怒っていたり強い抗議を意味することがあるので注意する必要があります。また、マウンティングしながら噛んでくる場合は、相手をとり逃さない為の本能的とも言える行動だとされています。
手のひらに乗るうさぎ

うさぎは飼い主との上下関係をしっかり築かないと言う事をきかない?

うさぎは犬のように命令をする飼い方はしませんが、トイレの場所を覚えさせたり噛まないようにするために最低限のしつけは必要です。でも飼い主の言うことを聞かないとすれば、原因は上下関係にあります。うさぎも群れで生活する生き物で、上下関係が存在します。ですから、もし飼い主の方がうさぎよりも下と思われると、言う事をきこうとはしません。しっかりと上下関係を築くためには、してはいけないことをしたら床を叩いたりして音で叱りつけたり、ケージに戻すなどを繰り返していけば効果が出ます。

うさぎは飼い主を忘れない?大好きな飼い主にしか見せない行動とは?

うさぎは飼い主を忘れないと言うことを意味する幾つかの行動があります。先ず走り回ったり飛び跳ねたりしている場合で、一緒にいることが嬉しいことを表現している行動であるとされています。また飼い主の脚の周りをぐるぐる回っている場合は、とても懐いていて大好きであるという証拠であり、突然バタンと倒れるのは安心している証拠であると言われているのです。さらに口をもぐもぐしていたり、歯をカチカチさせていたりするのは、飼い主を信頼しているという行動だと言えるでしょう。

うさぎの飼い方は室内と屋外で違う?室内と屋外の飼い方ポイントは?

うさぎを屋外で飼う場合は、室内とは異なる飼い方のポイントがいくつか存在します。まず屋外では鳥やネコなどの外敵に注意が必要で、安全対策としてフェンスを設置するなどの対応が大事となるでしょう。このフェンスはある程度の高さが無いと、ジャンプして逃げてしまいますので適切な物を設置しましょう。そして屋外でうさぎを放し飼いにしていると、状態の変化に気づかないという事も考えられます。体調面やストレスなどもチェックしながら、うさぎの安全を守る事が大事です。

うさぎの飼い方は季節で注意が必要?夏は特に気を付けた方が良い?

うさぎは比較的飼育しやすいペットですが、夏の季節は本当に要注意です。普通の飼い方だと室内で飼育しますが、日本の真夏の季節は高温多湿で、うさぎにとってはかなり過酷な環境となります。体毛が濃くて体温が高いうさぎは人以上に、熱に弱く夏の暑さで死亡に至る可能性が極めて高いです。そのため高温多湿の季節はエアコンを躊躇わずに入れましょう。さらに換気を適度に進めて室内に暖かい空気がこもらないようにするのも大事です。水分補給も大切であり、雨季以降は与える水の量を増加させましょう。

うさぎは飼い方は簡単だけど臭いがヤバい?うさぎの臭い対策はある?

うさぎは見た目がかわいく、比較的飼育が簡単なため、ペットとしても人気があります。しかし、うさぎを飼い始めて、すぐに臭いに悩まされる方が少なくないはずです。臭いの原因はオシッコとうさぎが自分で食べる糞である盲腸糞です。これがトイレ砂やゲージの床材などにつき臭いを発します。対策としては、トイレ砂をこまめに替えたり、消臭スプレーでしっかり掃除するなどがあげられます。飼育環境を清潔に保つ飼い方が対策であると言えるのです。

うさぎの飼い方は簡単だから初心者でも飼いやすい?費用は幾ら?

うさぎは鳴き声が小さく、排泄物の臭いが少ないのが特徴です。また、犬等と異なり散歩の必要がないので負担が小さく、目が届く範囲で飼育することができるので、飼い方に不慣れな初心者でも、比較的簡単に飼育することができます。ペットショップを覗けばうさぎの費用が安いのは一目瞭然です。犬や猫には初期費用、その他必要な道具のために10万円以上するケースも珍しくありませんが、うさぎは雑種であれば5000円程で購入できます。純血種でも約3万円から購入可能です。

うさぎは寂しいと死んじゃうって本当?うさぎは寂しがり屋?

「うさぎは寂しいと死んじゃう」、これは1993年の大ヒットドラマ「ひとつ屋根の下」で使われた台詞です。この台詞とともにうさぎイコール寂しがり屋という認識が広まって定着しましたが、実はこれといった根拠がないので嘘と言えます。もちろん1993年以前からひそかに寂しがり屋という認識はありましたが、それは飼い主が出かけている間に突然死をしているケースが後を絶たなかったからです。その由来は病気を患っていても平静を装ううさぎの習性にあり、これにより寂しがり屋だと誤解されてきました。